MENU

CLOSE

脱毛出来ない条件って何?施術を受けられないケースを知ろう

脱毛出来ない条件って何?施術を受けられないケースを知ろう

133views

カテゴリ:脱毛の仕組み・注意点

施術を受けられない可能性がある主なケース

d84489d915ccb663f95600f7e2a4724f_s

タトゥーがある場合

光脱毛やレーザー脱毛で照射される光は毛根のメラニン色素に反応する仕組みになっています。タトゥーはメラニン色素と同様に反応してしまうので、火傷を引き起こす恐れがあります。その為光脱毛やレーザー脱毛ではタトゥー部分に対しての脱毛は不可となっている所が多いです。

全身脱毛でもタトゥー部分を避けての照射が可能なクリニックやサロンもありますが、避ける範囲は店によって異なり脱毛したい部位に照射できない可能性が高いのです。ただ、ニードル脱毛は針の先から電気を流して行う脱毛なので、タトゥーがある箇所に生えたムダ毛でも脱毛は可能となっています。

傷跡やシミ・アザ・ホクロがある場合

傷跡については古い傷であっても色素沈着で黒ずんでしまっている場合、その箇所のレーザー脱毛や光脱毛は出来ないとしているところがほとんどです。美容整形も施術内容によっては傷跡と判断されてしまい、整形個所の施術を受けられない事が多いと言えます。

シミやアザ・ホクロについては薄いものや小さいものであればレーザー脱毛でそのまま照射する事があり、照射によってシミやホクロが更に目立たなくなるといった効果が得られる場合もあります。

大きさや色の濃さなど条件はありますが、そのまま照射が可能かそうでないかはクリニックの医師の判断によって違ってくるので、まずは相談する事が大切です。色素沈着した古い傷跡や、色の濃いシミ・あざ・ホクロ部分に生えているムダ毛の脱毛についてはタトゥー同様ニードル脱毛であれば可能です。

皮膚疾患や内科系疾患など持病がある場合

サロンやクリニックでの脱毛は安全面を考慮して基本的には健康体の人を対象として行っています。その為疾患や持病を抱えていると施術を受けられない場合があります。施術が受けられない主なケースとして、まず甲状腺疾患が挙げられます。

甲状腺疾患の症状として見られる皮膚乾燥や発汗がある状態で施術を行うと肌にダメージを与えてしまう可能性があるのです。また甲状腺疾患の治療に使われる処方薬は体毛を濃くさせてしまったり毛周期が乱れる恐れもあり、施術に影響を及ぼす為脱毛できない可能性が高いとされています。

それ以外にも皮膚疾患や高血圧、てんかん、心疾患など施術によってトラブルが起こる可能性が考えられる場合は施術を受けられない事が多いです。これはサロンやクリニックにより対応が異なっており、医師の許可があれば受けられる場合もあります。対応は様々なのでネットで施設の情報や口コミを見たり、直接問い合わせて確認してみるのが良いでしょう。

当日のコンデションによって施術が受けられない主なケース

f36cd7eeb3dbf1474f0fe8c94a8c2b32_s

脱毛期間中に日焼けをした場合

光脱毛やレーザー脱毛の光は日焼けによって沈着したメラニン色素にも反応してしまうので肌トラブルの原因となってしまいます。日焼けをした肌は光を照射する範囲が定まらず、ムダ毛に光を当てても毛根まで熱が伝わらずに脱毛効果が薄くなってしまうのです。軽い日焼けであれば施術可能なケースもある為、期間中に日焼けをしてしまったらまずスタッフに相談してみるのが良いでしょう。

脱毛前に飲酒や長時間の入浴をした場合

体内にアルコールが残っていると血行が普段よりも良い状態になっている為、脱毛後に痒みやかぶれといった症状が出やすくなってしまいます。肌への刺激を感じやすくなる傾向にあるので、当然痛みも感じやすくなってしまうのです。その為脱毛当日はもちろんですが、前日に飲酒をした場合も施術ができない可能性があります。施術当日の長時間の入浴についても同様の理由から施術が出来ない可能性があるので注意が必要です。

予防接種を受ける予定、もしくは受けた人の場合

クリニックやサロンによりますが、予防接種前後の1週間〜10日間は脱毛が行えないところが多いとされています。予防接種では毒性を弱くした病原体を体の中に入れる為、通常時とは健康状態が変わる可能性があります。これは個人差があるので全く症状が出ない人もいますが、安全面を考慮して予防接種前後の脱毛は出来ないとしている所が多いのです。