MENU

CLOSE

痛みがない!?脱毛サロンの光脱毛は安全!

痛みがない!?脱毛サロンの光脱毛は安全!

125views

カテゴリ:脱毛の仕組み・注意点

光脱毛の安全性は施術の中でもかなり高い

f1fe2c0347d52709fe29def4fb413bea_s

医療脱毛はかなりの痛みが伴う

脱毛で利用される専用の脱毛器は、脱毛サロンとクリニックでは大きく基準が違います。特に、全身脱毛を実施する際にはムダ毛を処理する効果とその施術の安全性のバランスを考慮しなくてはならないので、両者で利用される脱毛器の種類は下記のように全く異なっているのです。

  • 光脱毛
  • レーザー脱毛
  • ニードル脱毛

医療脱毛で利用される脱毛器は、脱毛サロンで利用される光脱毛と比較するとかなりの痛みが生じます。特に、電気を利用して脱毛を実行するニードル脱毛ではひどい痛みが生じます。近年では、案内や口コミなどを確認しても医療脱毛と言うと専らレーザー脱毛になっていてニードル脱毛を実施しているクリニックはほとんどありませんが、だからと言ってレーザー脱毛に痛みが生じないわけではありません。

実際に、光脱毛と比較するとレーザー脱毛ではゴムで皮膚をはじかれたような痛みが生じますので、患者によっては大きな痛みを感じてしまい火傷の症状になってしまうケースもあります。これは、クリニックで利用されるレーザー脱毛に対しては麻酔が利用されることからも明らかです。

通常、自己処理などでムダ毛の処理をするときには肌に対するダメージがそれほど大きくはないので、特別なクリームを塗らなくても処理することは可能です。しかし、医療脱毛の場合にはジェル状の麻酔薬を塗布しないと痛みによって上手く脱毛処理を進めることができないこともあります。ですから、口コミで調べるときには同じ光であっても刺激の少ない光脱毛を基準に脱毛サロンを探すほうが安全性は高いのです。

優しい波長で脱毛する

光脱毛が脱毛器の中でも安全性が高いのは、含まれている波長がレーザーと比べて優しいからです。フォトフェイシャルに光脱毛の光が利用されていることからもわかる通り、基本的に脱毛サロンで使われている光には美容の効果がありますので施術をすることで肌へのダメージを与える確率がかなり低いのです。

光もレーザーも、波長を変化させて光によって生み出すことができる熱エネルギーによって脱毛処理をしますから原理としては全く同じ原理で処理をします。それにもかかわらず処理によって痛みの度合いが異なるのは、レーザーのほうが出力を大きくして永久脱毛の効果を発揮できる仕組みにしているからに他なりません。

レーザー脱毛の場合には、小さなムダ毛も処理できるくらいの出力があるのですが、光脱毛で小さなムダ毛を処理する場合には光脱毛だけではなく光の高周波を発生させる脱毛器を一緒に使って処理することが通常です。単体で処理をし続けることができるレーザーのほうが効果が高く、肌に対してきついので自然とレーザー脱毛のほうが痛みは大きくなります。

実際に、光脱毛で処理をする際には光をより集光できるように特殊なジェルを肌に塗布します。普通に光を照射しても力が足りないところがある場合にはこうした対策をすることで綺麗な状態にすることが可能になるのです。

メラニン色素にしか効果がない

cfa0760fa9b314ba038fdbe82a1e8957_s

光脱毛が安全なのは、皮膚には反応せずに体毛と同じ色素を持っている物体にしか反応しないという理由もあります。こうした色素はメラニン色素と呼ばれているもので、大きく分けると肌のシミやほくろもこのメラニン色素によって構成されています。光脱毛やレーザー脱毛を照射する際に体毛の近くにメラニン色素が存在するとその部分に反応してしまって熱を感知してしまいます。

反対に、肌にメラニン色素がない状態だと肌に対して何度光を照射したとしても全く肌には痛みを生じることがないのです。光脱毛で全身脱毛が容易にできるのも、全身に光を照射しても肌に対して直接的な影響が存在しないからです。それどころか、毛穴を引き締めてより綺麗な肌にする効果がありますので、脱毛サロンの光脱毛は美容に良く安全性も高いのです。